歯科でお世話になる被せもの

###Site Name###

人間誰もがお世話になる医療機関の一つに歯科があります。
子供の頃は虫歯でかかることが殆どですが、成長するにつれてスポーツで歯を折ったり仕事が忙しくて虫歯が酷くなり、大きく削って被せものをしなければならなくなるときがあります。
被せものと言っても種類がいくつもあります。奥歯のように笑っても目立たない歯には銀を使ったもの、前歯のように目立ってしまう歯には自然な歯の色に近く作られたジルコニアや陶器、硬化プラスチックが使われます。

汐留の歯科の優良サイトの情報を公開中です。

医療保険が使えるものもあれば自費になってしまうものもあります。

強度が高い順ではトップがジルコニア、続いてセラミックと銀最後が硬化プラスチックという順です。

誰もが保険を使いたいはずですが、ここでは硬化プラスチックしか保険がききません。


お値段は3万円程度ですみます。

これがジルコニアならばおよそ11万円、セラミックなら9万8千円程です。

OKWave情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

しかし硬化プラスチックの被せものには約束事があり、3年以内に破損して作り変えた場合に保険がきかなくなるということです。
このようなことから、いつもお世話になっている歯科で被せものを作る際には医師ときちんとした話し合いが必要になります。
特に出来るだけ保険適用をお願いしている場合、説明無く硬化プラスチックにされてしまうトラブルが起きやすいので、作り直して自費を請求されるより分割にしてでも強度が高い被せものにしたい時には自分から医師に説明を求める事が必要になります。



歯科によっては説明を専門とするコーディネーターを配置しているところもあり、丁寧な説明を受ける事が出来ます。

美味しく楽しい食事のために被せものは安易に決めない事が大切です。